CentOS逆引きリファレンス


スポンサーリンク

トップ > CentOS逆引きリファレンス > ファイル管理

■ファイル管理

ディレクトリの中身ごとコピーする

サブディレクトリも含めてディレクトリの中身ごとコピーするには、cpコマンドに-rオプションを使用します。
cp -r <コピー元> <コピー先> としてコマンドを実行します。

# cp -r /data /tmp
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクを張ることでファイルやフォルダへのリンクを張ることができます。

シンボリックリンクは、Windowsでいうショートカットのような役割を持っています。
とても深い階層にあるディレクトリにアクセスする機会が多い場合には、シンボリックリンクを設定しておけば、キー入力を減らすことができます。

シンボリックリンク作成は、ln コマンドを使用し、オプション -s を指定します。

◆書式
ln -s <リンク先> <リンクを置く場所>

以下の例では、シンボリックリンクの /home/user/html を作成し、/var/www/html へアクセスできるようにしています。

#ln -s /var/www/html /home/user/html
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

ファイルやディレクトリ名を変更する

ファイル名やディレクトリ名を変更するには、mv コマンドを使用します。
mvの後ろに変更前のファイル名(またはディレクトリ名)を指定し、次に変更後のファイル名(またはディレクトリ名)を指定します。

◆書式
# mv <変更前のファイル名> <変更後のファイル名>
◆実行例
# mv beforename-file aftername-dir
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

一度に複数のディレクトリを作成する

mkdirコマンドに複数の引数を指定することで、一度に複数のディレクトリを作成することができます。

◆実行例
# mkdir newdir newdir/newdir1 newdir/newdir2 newdir/newdir3

上記の例では、「newdir」というディレクトリを作成し、その配下に「newdir1」「newdir2」「newdir3」という3つのディレクトリを作成しています。

[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

ファイルの種類を調べる

ファイルの種類を調べるには、file コマンドを使用します。

◆書式
file [オプション] [ファイル名]

主なオプション
-b
	出力結果に対象のファイル名を表示しない
-i
	MIMEタイプで表示する
-z
	圧縮ファイルの中身についても調べる
◆実行例
# file /etc/my.cnf
/etc/my.cnf: ASCII English text
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

ファイルの権限を調べる

ファイルの権限を調べるには、ls コマンド のオプション -l を使用します。

◆書式
ls [オプション] [ファイル名]

主なオプション
--a
	ピリオド(.)から始まる特殊なファイルも表示します。
-A
	ピリオド(.)から始まる特殊なファイルも表示します。
-b
	表示できない文字を /add(8進数) で出力します。
-c
	i ノードの最終変更時刻をソートや出力に使用します。
-C
	横1行でファイルを表示します。 (デフォルト)
-d
	引数がディレクトリのときに、名前だけを出力する。-1 と一緒に使用すれば、ディレクトリの状態を知ることができます。。
-f
	引数をディレクトリと見なし、各スロットにあるディレクトリ名を出力します。。
-F
	ディレクトリ名のあとに / 、実行可能なファイルに * を付けて表示します。
-g
	-l の表示から所有者名を除いて表示します。
-i
	ファイルの inode 番号を表示します。
-l
	ファイルの詳細情報を表示します。
-L
	引数の名前がシンボリックされている場合には、リンク先の名前を表示します。
-m
	ファイル名をコンマ区切りで表示します。
-n
	ユーザー名を UID で、グループ名を GID で表示します。
-o
	ファイルフラグを表示します。
-p
	ディレクトリ表示の際に、末尾に "/" を付けます。
-q
	非表示文字を "?" に置き換えて表示します。(デフォルト)
-r
	逆順にソートして表示します。
-R
	サブディレクトリ以下のディレクトリ・ファイルも表示します。
-s
	ファイルシステムのブロック数を表示します。
-t
	最終修正時刻順にソートします。
-u
	最終アクセス時刻を表示します。
-x
	横1行でファイルを表示します。
-1
	1ファイル1行で表示します。
◆実行例
# ls -l /etc/my.cnf
-rw-r--r-- 1 root root 888 10月  1 19:44 /etc/my.cnf
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

複数ファイルを同時にtailコマンドを実行する

複数ファイルを同時にtailコマンドを実行するには、{} を使用します。

◆実行例
# tail -f "/var/log/httpd/logs/{access,error}_log
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

作成日:2013年07月21日
最終更新日:2013年12月17日

スポンサーリンク

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.