CentOS逆引きリファレンス


トップ > CentOS逆引きリファレンス > Postfix

■Postfix

Postfixの設定を確認する

Postfixの設定を確認するには、postconfコマンドが便利です。

# postconf
2bounce_notice_recipient = postmaster
access_map_reject_code = 554
address_verify_default_transport = $default_transport
address_verify_local_transport = $local_transport
address_verify_map =
address_verify_negative_cache = yes
address_verify_negative_expire_time = 3d
address_verify_negative_refresh_time = 3h
address_verify_poll_count = 3
address_verify_poll_delay = 3s
address_verify_positive_expire_time = 31d
address_verify_positive_refresh_time = 7d
address_verify_relay_transport = $relay_transport
・・・

postconfコマンドにより、現在の設定内容が出力されます。

[対象]
CentOS 5.x
Postfix 2.xx.xx

バージョンを確認する

Postfixのバージョンを確認するには、postconfコマンドを使用し、mail_version の項目を確認します。

# postconf  | grep mail_version
mail_version = 2.3.3

上記では、grep コマンドを使用し、mail_version の項目を読み取っています。

[対象]
CentOS 5.x
Postfix 2.xx.xx

作成日:2013年07月21日
最終更新日:2013年07月21日

スポンサーリンク

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.