CentOS逆引きリファレンス


トップ > CentOS逆引きリファレンス > ディスク管理

■ディスク管理

ディスク(パーティション)ごとに使用容量、空き容量、使用率を確認する

ディスク(パーティション)ごとに使用容量、空き容量、使用率を確認するにはdfコマンドを使用します。

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda3            148341376  78916192  61768204  57% /
/dev/sda1              1019208     40044    926556   5% /boot
tmpfs                  2010092         0   2010092   0% /dev/shm

上記のようにオプションなしの場合は、キロバイト単位で表示します。
なお、オプション「-m」を使用することでメガバイト単位で表示することができます。

# df -m
Filesystem           1M-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda3               144865     77067     60321  57% /
/dev/sda1                  996        40       905   5% /boot
tmpfs                     1963         0      1963   0% /dev/shm
[対象]
CentOS 5.x

ディスクのUUID を確認する

ディスクのUUID を確認するには、いくつか方法があります。

1.blkid コマンドを実行する方法

# blkid
/dev/sda3: UUID="623540d5-9e0b-4179-afb1-1d219cad480f" TYPE="ext3"
/dev/sda1: UUID="de4c7588-8c73-45b3-9212-6eb791179bb8" TYPE="ext3"

2./dev/disk/by-uuid/ を確認する方法

# ls -l /dev/disk/by-uuid/
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 28 18:24 623540d5-9e0b-4179-afb1-1d219cad480f -> ../../sda3
lrwxrwxrwx 1 root root 10  7月 28 18:24 de4c7588-8c73-45b3-9212-6eb791179bb8 -> ../../sda1

/dev/disk/by-uuid/ の下にデバイスファイルが作成されていますので、UUID が確認できます。

3.tune2fs コマンドを実行する方法

# tune2fs -l /dev/sda1
tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem volume name:   
Last mounted on:          
Filesystem UUID:          de4c7588-8c73-45b3-9212-6eb791179bb8
Filesystem magic number:  0xEF53
・・・
[対象]
CentOS 5.x

ディスクのUUID を変更する

tune2fs コマンドでディスクのUUIDを変更することができます。

# tune2fs -U `uuidgen` /dev/sda1
[対象]
CentOS 5.x

ハードディスクの情報を取得する

ハードディスクの情報は、hdparmコマンドのオプション -i で取得できます

# hdparm -i /dev/sda

/dev/sda:

 Model=TOSHIBA THNSNH512GCST                   , FwRev=HTRAN101, SerialNo=        53FS10AXTPKY
 Config={ Fixed }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=0
 BuffType=unknown, BuffSize=0kB, MaxMultSect=16, MultSect=?16?
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=268435455
 IORDY=on/off, tPIO={min:120,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio3 pio4
 DMA modes:  mdma0 mdma1 mdma2
 UDMA modes: udma0 udma1 udma2
 AdvancedPM=yes: unknown setting WriteCache=disabled
 Drive conforms to: Unspecified:  ATA/ATAPI-3 ATA/ATAPI-4 ATA/ATAPI-5 ATA/ATAPI-6 ATA/ATAPI-7

 * signifies the current active mode
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

作成日:2013年07月21日
最終更新日:2013年11月23日

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

スポンサーリンク


Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.