CentOS逆引きリファレンス


スポンサーリンク

トップ > CentOS逆引きリファレンス > ネットワーク管理

■ネットワーク管理

自機のIPアドレスを確認する

自機のアドレスを調べるには、ifconfigコマンド を実行します。

# ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr D8:XX:85:XX:76:E4
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::dad3:XXXX:feaf:76e4/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:142549747 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:160209316 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:856657764 (816.9 MiB)  TX bytes:3617788941 (3.3 GiB)
          Interrupt:169 Memory:fe9f0000-fea00000

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:32487138 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:32487138 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:2639017666 (2.4 GiB)  TX bytes:2639017666 (2.4 GiB)

上記出力から、eth0 に 192.168.1.100 のIPアドレスが割り振られていることが確認できます。
なお、lo の出力部分は、TCP/IPで利用可能な ローカルループバック についての内容となります。

[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

TCPポートを開いているプロセスを確認する

TCPポートを開いているプロセスを確認するには、netstat コマンドでオプションに -tanp を指定します。

# netstat -tanp
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address               Foreign Address             State       PID/Program name
tcp        0      0 0.0.0.0:901                 0.0.0.0:*                   LISTEN      2411/xinetd
tcp        0      0 127.0.0.1:199               0.0.0.0:*                   LISTEN      2374/snmpd
tcp        0      0 0.0.0.0:3306                0.0.0.0:*                   LISTEN      2647/mysqld
tcp        0      0 0.0.0.0:139                 0.0.0.0:*                   LISTEN      2940/smbd
tcp        0      0 0.0.0.0:683                 0.0.0.0:*                   LISTEN      2197/rpc.statd
tcp        0      0 0.0.0.0:111                 0.0.0.0:*                   LISTEN      2157/portmap
tcp        0      0 127.0.0.1:54321             0.0.0.0:*                   LISTEN      3107/avgtcpd
tcp        0      0 127.0.0.1:54322             0.0.0.0:*                   LISTEN      3107/avgtcpd
tcp        0      0 0.0.0.0:4949                0.0.0.0:*                   LISTEN      2794/munin-node
tcp        0      0 0.0.0.0:21                  0.0.0.0:*                   LISTEN      2470/vsftpd
tcp        0      0 192.168.xx.xxx:53           0.0.0.0:*                   LISTEN      2129/named
tcp        0      0 192.168.xx.xxx:53           0.0.0.0:*                   LISTEN      2129/named
tcp        0      0 127.0.0.1:53                0.0.0.0:*                   LISTEN      2129/named
tcp        0      0 127.0.0.1:25                0.0.0.0:*                   LISTEN      2747/master
tcp        0      0 127.0.0.1:953               0.0.0.0:*                   LISTEN      2129/named
tcp        0      0 0.0.0.0:445                 0.0.0.0:*                   LISTEN      2940/smbd
tcp        0      0 192.168.xx.xxx:445          192.168.xx.xxx:49159        ESTABLISHED 2423/smbd
tcp        0      0 192.168.xx.xxx:445          192.168.xx.xxx:49156        ESTABLISHED 2089/smbd
tcp        0      0 192.168.xx.xxx:445          192.168.xx.xxx:49160        ESTABLISHED 4154/smbd
tcp        0      0 :::80                       :::*                        LISTEN      12254/httpd
tcp        0      0 :::22                       :::*                        LISTEN      2392/sshd
tcp        0      0 :::443                      :::*                        LISTEN      12254/httpd
tcp        0      0 ::ffff:192.168.xx.xxx:22    ::ffff:192.168.xx.xxx:49401 ESTABLISHED 2810/0
tcp        0      0 ::ffff:192.168.xx.xxx:22    ::ffff:192.168.xx.xxx:65043 ESTABLISHED 11976/1

なお、今回使用した netstatコマンド オプションの詳細を以下に記載します。

◆netstatコマンド オプション一覧
-a
    全てのソケットを表示する。
-n
    ホスト名などを解決せずに数字で表示する。
-p
    各ソケットを利用しているプログラムのプロセスIDを表示する。
-t | -u | -w
    TCP(「-t」)、UDP(「-u」)、そのほかIPとICMP(「-w」)のみ表示する。

[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

ルーティング情報を表示する

ルーティング情報を表示するには、route コマンドのオプション -n を使用します。
-n は、出力をIPアドレスのみに抑制するオプションとなります。

# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
133.xxx.xxx.xxx 0.0.0.0         255.255.255.xxx U     0      0        0 eth0
192.168.0.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 eth1
169.xxx.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     1002   0        0 eth1
169.xxx.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U     1003   0        0 eth0
0.0.0.0         133.242.125.xxx 0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

自機のNICを指定し、pingを実行する

自機のNICを指定し、pingを実行するには、ping コマンドのオプション -I を使用します。

# ping -I eth1 192.168.0.x
PING 192.168.0.x (192.168.0.x) from 192.168.0.x eth1: 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.x: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.476 ms
64 bytes from 192.168.0.x: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.459 ms
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

ARPキャッシュを確認する

ARPキャッシュを確認するには、ip コマンドの neigh show オプションを使用します。

# ip neigh show
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:26:2d:49:b4:xx STALE
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:09:41:c4:17:xx REACHABLE
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:26:2d:49:b6:xx DELAY
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:23:df:a7:25:xx STALE
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:26:2d:49:b5:xx REACHABLE
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 00:1f:e2:66:40:xx STALE
192.168.xx.xxx dev eth0 lladdr 50:e5:49:ce:4f:xx STALE
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

設定しているリンクのUP/DOWNを確認する

設定しているリンクのUP/DOWNを確認するには、ip コマンドの link show オプションを使用します。

# ip link show
1: lo:  mtu 16436 qdisc noqueue
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: eth0:  mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
    link/ether d8:d3:85:af:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: sit0:  mtu 1480 qdisc noop
    link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
[対象]
CentOS 5.x
CentOS 6.x

作成日:2013年07月21日
最終更新日:2013年07月21日

スポンサーリンク

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.