PHP逆引きリファレンス


トップ > PHP逆引きリファレンス > インストールと設定

■インストールと設定

PHPのバージョンを確認する(phpコマンド編)

PHPのバージョンを確認する方法の1つにphpコマンドを使用する方法があります。phpコマンドは、サーバにログイン後に実行します。phpコマンドの-vオプションを使用します。

# php -v
PHP 5.2.17 (cli) (built: Aug 31 2011 17:06:47)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

上記出力から、PHPのバージョンは、5.2.17であることが確認できます。

[対象]
PHP 5.x

インストールされているモジュールを確認する

インストールされているモジュールを確認するには、phpコマンドのオプション -m を使用します。

# php -m
[PHP Modules]
bz2
calendar
Core
ctype
curl
date
dom
ereg
exif
fileinfo
filter
ftp
gettext
gmp
hash
iconv
json
libxml
mbstring
mcrypt
memcache
mysql
mysqli
openssl
pcntl
pcre
PDO
pdo_mysql
pdo_sqlite
Phar
posix
readline
Reflection
session
shmop
SimpleXML
sockets
SPL
sqlite3
standard
sysvmsg
sysvsem
sysvshm
tokenizer
wddx
xml
xmlreader
xmlrpc
xmlwriter
xsl
zip
zlib

[Zend Modules]
[対象]
PHP 5.x

タイムゾーンを設定する(php.ini編)

PHPの設定ファイル(php.ini)を編集して、phpのタイムゾーンを設定します。
なお、以下の例ではタイムゾーンを東京に設定しています。

# vi /etc/php.ini
date.timezone = Asia/Tokyo

php.ini変更後は、httpdを再起動することで設定が有効になります

# service httpd restart
Stopping httpd:                                            [  OK  ]
Starting httpd:                                            [  OK  ]
[対象]
PHP 5.x

作成日:2013年07月18日
最終更新日:2013年07月18日

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

スポンサーリンク


Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.