PHP逆引きリファレンス


トップ > PHP逆引きリファレンス > ファイル処理

■ファイル処理

PHPファイルを取り込んで実行する

PHPファイルを取り込んで実行するには、include()関数もしくは、require()関数を使用します。

◆書式
include('PHPファイル名')
require('PHPファイル名')

【詳細】
読み込みファイルの検索は、以下の場所から検索されます。

1.inlclude_pathで指定されたディレクトリ
2.スクリプトが格納されたディレクトリ
3.カレントディレクトリ
◆サンプルコード
<?php

include("include.php"); //include.phpを開く

?>
[対象]
PHP 5.x

ファイルを開く

ファイルを開くには、fopen()関数を使用します。

◆書式
fopen( 引数1, 引数2 )
fopen( 引数1, 引数2, 引数3 )
fopen( 引数1, 引数2, 引数3, 引数4 )

【詳細】
引数1 
	ファイル名、ファイルのURL
	"./sample.txt" や "http://testdomain.com/index.html" など 
引数2
	オープンモード
	'r', 'r+', 'w', 'w+', 'a', 'a+'
引数3
	インクルードパスを含むかのフラグ
引数4
	コールバック 
◆サンプルコード
<?php

//書き込み権限ありで、ファイルを開く
$file = fopen( 'sample.txt', 'w+' );

?>
[対象]
PHP 5.x

ファイルがディレクトリ(フォルダ)かを調べる

ファイルがディレクトリ(フォルダ)かを調べるには、is_dir()関数を使用します。

◆書式
is_dir( 引数1 )

【詳細】
引数1(str)
	ファイル名
	"./sample.txt" など
戻り値 	
	ディレクトリの場合:TRUE
	ディレクトリではない場合:FALSE
◆サンプルコード
<?php

$file_name = "./test";

is_dir( $file_name );//ディレクトリなので、TRUEが戻り値です。

?>
[対象]
PHP 5.x

ファイルサイズの取得する

ファイルサイズの取得するには、filesize()関数を使用します。
filesize()関数の引数には、ファイル名を渡します。
ファイルサイズは、バイト単位です。
ファイルサイズの取得に失敗した場合はFALSEを返します。

◆書式
filesize("ファイル名")
◆サンプルコード
<?php

$filename = "/var/www/html/index.html";

$size = filesize( $filename );

echo "ファイルサイズは、" . $size . 'バイトです。';

?>
[対象]
PHP 5.x

ファイルを削除する

ファイルを削除するには、unlink()関数を使用します。

◆書式
unlink( 引数1 )


【詳細】

戻り値
	削除に成功した場合:TRUE
	削除に失敗した場合:FALSE
引数1
	ファイル名
	"./sample.txt" など 
◆サンプルコード
<?php

$filename = "./sample.txt";

//ファイルを削除する。
unlink( $filename );

?>
[対象]
PHP 5.x

作成日:2013年10月9日
最終更新日:2013年10月17日

スポンサーリンク

このページの上へ


お問い合わせは、メールにて受け付けております。
メール:masahiro801[at]hotmail.com ※[at]を@に置き換えてください♪

Copyright (C) 2017 elephantech.net. All Rights Reserved.